墓地経営許可申請代行・檀家管理・墓地区画整理 千葉 東京

墓地管理料の消滅時効





消滅時効(しょうめつじこう)とは、一定期間行使されない権利を消滅させる制度です。
法律で定められた時効期間が経過した後、当事者等が消滅時効を援用することにより、時効の効果が確定的に発生することになります。
時効の援用とは、時効の完成によって利益を受ける者が、時効の完成を主張することです。時効の援用は、裁判でも裁判外でも主張することができます。

【参考】
第166条
債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。
一 債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき。
二 権利を行使することができる時から10年間行使しないとき。


上記条文によれば、墓地管理料は5年間で消滅時効が完成すると考えられます。
なお、市営墓園などの管理料は非強制徴収公債権にあたり、これも時効が5年間となっています(地方自治法236条1項)。
トップに戻る